2012年11月3日土曜日

七日目 世界遺産「アンコール・トム」

この日は世界遺産のアンコール・トムに行ってきました。

シェムリアップ市内のホテルからトゥクトゥクを半日貸切で10ドルでした。この時期は激しい夕立があるので屋根のあるセオム(バイクタクシー)よりトゥクトゥクの方が安全ですね。

バイヨン、バプーオン、ピミアナカス、像のテラス、王宮、ライ王のテラス、プラサット・スゥル・プラットの順に観光。

バイヨンの人面像

バイヨンといえば、祠堂外壁に彫られている人面像が有名。一般的に観世音菩薩だと言われています。

バイヨンはアンコール・ワット以上に写真を撮ってて楽しいところでした。


掲載している写真は、商用利用可能で販売しております。写真をクリックすると写真販売サイトにリンクします。詳しくは販売販売サイトをご覧ください。





2012年11月2日金曜日

クバールスピアン

クバールスピアンは、カンボジアの世界遺産「アンコール遺跡」に含まれる遺跡のひとつで、シェムリアップ川の上流にある川の遺跡。クバールスピアンとは、「頭の橋」を意味する。



遺跡の下流には小さな滝がある。


掲載している写真は、商用利用可能で販売しております。写真をクリックすると写真販売サイトにリンクします。詳しくは販売販売サイトをご覧ください。





楽天市場でクバールスピアンを検索
アマゾンでクバールスピアンを検索



バンテアイスレイ

バンテアイスレイは、カンボジアの世界遺産「アンコール遺跡」のひとつで、ヒンドゥー教の寺院遺跡。バンテアイスレイは、「女の砦」を意味する。大部分が赤い砂岩により建造されている。


赤い砂岩で造られていて全体に赤みを帯びた色をしている。


掲載している写真は、商用利用可能で販売しております。写真をクリックすると写真販売サイトにリンクします。詳しくは販売販売サイトをご覧ください。






楽天市場でバンテアイスレイを検索
アマゾンでバンテアイスレイを検索



ロレイ

ロレイは、カンボジアの世界遺産「アンコール遺跡」に含まれる「ロリュオス遺跡群」の寺院遺跡のひとつ。ロリュオスは、アンコール以前にクメール王国の王都が置かれていた。

デバター像

ロレイの祠堂の壁面に彫られたデバター像は豊満な体をしている。


掲載している写真は、商用利用可能で販売しております。写真をクリックすると写真販売サイトにリンクします。詳しくは販売販売サイトをご覧ください。





楽天市場でロレイを検索
アマゾンでロレイを検索



バコン

バコンは、カンボジアの世界遺産「アンコール遺跡」に含まれる「ロリュオス遺跡群」の寺院遺跡のひとつ。ロリュオスは、アンコール以前にクメール王国の王都が置かれていた。

バコン

中央の祠堂がピラミッドに比べて若干小さい。

掲載している写真は、商用利用可能で販売しております。写真をクリックすると写真販売サイトにリンクします。詳しくは販売販売サイトをご覧ください。





楽天市場でバコンを検索
アマゾンでバコンを検索




プリアカーン

プリア・カーン は、カンボジアの世界遺産「アンコール遺跡」の一つで、仏教とヒンドゥー教の習合寺院である。名は「聖なる剣」を意味し、かつて境内で発見された剣に由来する。




掲載している写真は、商用利用可能で販売しております。写真をクリックすると写真販売サイトにリンクします。詳しくは販売販売サイトをご覧ください。





楽天市場でプリアカーンを検索
アマゾンでプリアカーンを検索




タプローム

タ・プロームは、カンボジアの世界遺産「アンコール遺跡」の寺院遺跡のひとつ。12世紀末に仏教寺院として建立され、後にヒンドゥー教寺院に改修されたと考えられている。




掲載している写真は、商用利用可能で販売しております。写真をクリックすると写真販売サイトにリンクします。詳しくは販売販売サイトをご覧ください。





楽天市場でタプロームを検索
アマゾンでタプロームを検索




プレループ

プレループは、カンボジアにある世界遺産「アンコール遺跡」の一つで、ヒンドゥー教寺院である。プレは変化、ループは体を意味し、かつて境内で行われたと伝わる火葬を名の由来とする。東バライに浮かぶ東メボンの真南にそびえる。


ラテライトと煉瓦で築かれているため遺跡全体が赤みを帯びている。


掲載している写真は、商用利用可能で販売しております。写真をクリックすると写真販売サイトにリンクします。詳しくは販売販売サイトをご覧ください。





楽天市場でプレループを検索
アマゾンでプレループを検索



バイヨン

バイヨン は、カンボジアの世界遺産「アンコール遺跡」にあるヒンドゥー・仏教混交の寺院跡。アンコールトムの中央付近に位置する。

人面像

中央祠堂や塔の外壁に彫られている。一般的には観世音菩薩像と考えられている。

デバター像

アンコールワットに比べ、バイヨンにはセクシーで美しいデバター像が多い。


掲載している写真は、商用利用可能で販売しております。写真をクリックすると写真販売サイトにリンクします。詳しくは販売販売サイトをご覧ください。





楽天でバイヨンを検索
アマゾンでバイヨンを検索




アンコールワット

アンコールワットは、アンコール遺跡を代表する寺院建築。サンスクリット語でアンコールは王都、クメール語でワットは寺院を意味する。ヒンドゥー教寺院として建立され、その後寺院へと改修された。




掲載している写真は、商用利用可能で販売しております。写真をクリックすると写真販売サイトにリンクします。詳しくは販売販売サイトをご覧ください。





楽天市場でアンコールワットを検索
アマゾンでアンコールワットを検索